人工透析、在宅透析、血液透析の施設を簡単に検索できる透析患者.com  最適な透析施設(病院/クリニック等)を探す支援サイトです。

a・iコラム No.5

あなたが望む人生を手に入れる方法

皆さん、こんにちは。櫻堂渉です。これまで、あなたのライフパートナーになる医療機関を見つけるにはどうしたら良いのかという話をしてきました。今回はこれまでの話を振り返りながら透析とどう向き合ったらよいのかをまとめたいと思います。

ステップ1 決断する

まず自分の人生と向き合うという決断をしてください。あなたのやりたいこと、どういう人生を送りたいのか、趣味もたくさんできます。勉強することもできる、仕事だってできる。旅行だってできる。どうでしょう。制約はあるにせよスポーツもできますね。どういう人生を送りたいのでしょうか。決して諦めないで人生と向き合ってください。 そして、より良い人生をおくる、自分の夢を達成すると決断してください。

ステップ2 コミュニケーションを開始する

あなたが、自分の望む人生を決めたらその次に、医療機関とコミュニケーションを開始してください。 「私はこんな人生を送りたいのです、それに対してどのようなサポートをしてくださいますか。教えてください。」 「私は仕事をしたいので、どういうシフトが可能ですか?」 もしくは 「病院の中で少し仕事をしたいので、ベッドではなくて、チェア型に替えてもらえませんか?」「パソコンが使いたいので、工夫してもらえないでしょうか?」、いいじゃないですか。「本を座って読みたい」、「雑誌が読みたい」、いいじゃないですか。いろいろなことができます。座りながら出来ることは本当に多いです。要はやる気になるかどうかです。人生を価値あるものにしたいのならば、与えられた時間を有効に使うべきです。その空間、その時間の中で。

ステップ3 行動を開始する

そして行動を開始してください。質問するという行動、選択するという行動を開始してください。勇気を持って行動する。その結果が思わしくない場合があります。でも、諦めてはいけません。諦める必要はありません。やり方を変えてみてアプローチをしてみてください。かならず、あなたの求めるアプローチがみつかるはずです。要は諦めない忍耐力があるか?ということです。もし、あなたが常識的な要求をして、スタッフや医師がそれに応えてくれなければどうしますか?あなたには、他の医療機関に行くという選択肢があります。あなたは、自由に医療機関を選択する権利があります。日本の医療制度で最大の利点はここです。アクセスフリーが日本の最大の特徴です。だから正々堂々と医療機関を変わってください。そして、あなたが望む結果が得られるまで行動してください。

こういう決断をすることによって、あなたの人生は大きく変化すると思います。決断の力というのは過去に証明されています。これは様々な偉大な事例があることを皆さん、気づいているはずです。

アメリカの大統領のケネディが「人類は月に向かう」と言いました。ケネディが言ったときに人類は月の上に立ちました。

日本が戦争に敗れたとき、経営者は心に誓いました。「アメリカを追い越す」と。そのときに、今の松下、ソニー、ホンダ、トヨタが生まれました。

あなたが決断したことで、実はあなたが望むものを既に手に入れているのです。
今回はこれまで。
またお会いしましょう!


医療経営戦略研究所
所長  櫻堂 渉
【プロフィール】
慶應義塾大学院経営管理研究科修士(MBA)修了
1987年システム総合開発研究所(旧病院システム開発研究所)技術統括部長
1995年バクスター株式会社 医療経営研究室 室長
2001年医療経営戦略研究所 所長
2002年日本医療経営学会評議委員
2004年日本透析医会 顧問就任
2005年厚生労働省 医療技術に関する調査研究「在宅療法の普及及び技術評価に係る調査」実施委員会 委員
【主な著書・文献】
「透析は人生の足かせじゃない!−透析患者の課外授業−」(雲母書房)
「透析医療と経営−業界構造分析ー−」、「透析医療の経営環境変化−米国の分析と日本予測−」、「わが国におけるハイテク在宅医療の将来」、「日数の短縮と医療機関の行動選択」など多数
このページをはてなブックマークに追加